業界記事

10月にも工事発注/海老瀬西地区農道

2005-07-28

 基盤促進事業で海老瀬西地区の農道整備を計画している板倉町は、設計を県土地改良事業団体連合会が担当しており、早ければ10月にも工事を発注する方針で準備を進めている。
 同事業は、地域の農業従事者などから生産基盤の強化を図ることを目的に要望されたことを受けて行う。
 農道整備は、県道板倉籾谷館林線から海老瀬地内を南北に渡り、国道354号までの延長1390m、幅員4~5mで計画。
 これまでに町では、15年度に用地買収及び補償作業を進め、16年度に残る用地買収と、延長200m程度の工事に着手。今年度は、工事の未着手部分1190mを整備する考え。
 工事発注については、延長340mと850mの2工区に分けて発注するほか、舗装新設工事1990mを予定している。
 今年度の当初予算では、基盤促進整備事業に設計費112万円、工事費4080万円などを計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野