業界記事

工事部門で1社受賞/昨年度の17件から厳選

2005-07-28

 国土交通省関東地方整備局営繕部筑波分室(新宅浩明・筑波研究学園都市施設管理官)は25日、筑波合同庁舎の3階で16年度優良工事の表彰式を執り行った。筑波分室での優良工事表彰は今回が初めて。工事部門として、サンワコムシスエンジニアリング(株)の1社が受賞した。
 筑波分室は、筑波研究学園都市施設管理センターの廃止と、国における教育機関等の法人化を受け、設立された組織。
 今回の表彰は、昨年度の工事17件のうちから優良工事として選定したもの。従来の電気設備と比べて費用が膨大となる研究施設で、無事故であることなどが評価された。
 新宅管理官は、受賞者に賞状と記念品を手渡すと「この工事は生物を扱う中での電気設備で、改修工事とともに大変だった。今後も安全確保でお願いしたい」とあいさつ。
 また、受賞者であるサンワコムシスエンジニアリング電気設備事業本部の三浦修平・営業本部長が「この賞を励みに無事故無災害の施工体制を継続していきたい」と謝辞を述べた。
 受賞者の概要は次のとおり(敬称略)。
【優良工事】
◆サンワコムシスエンジニアリング(株)=国立感染症研究所筑波霊長類センター飼育棟電気設備工事

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野