業界記事

普通交付税額が決定/県は2343億、市町村分が2214億円

2005-07-27

 17年度普通交付税学が26日決定した。長野県分は2343億8277万1000円で、16年度比2・3%減。市町村分は2214億905万5000円で、同比3%増となった。軽井沢町は今年も不交付団体となり、市町村分の交付団体は101市町村となっている。
 市の中で普通交付税決定額が最も多いのは、長野市で205億8995万円。続いて松本市が119億4857万円、佐久市107億457万円、飯田市78億371万円、上田市63億2614万円となっている。
 町村部では佐久穂町の37億2860万円が最も多く、丸子町23億2961万円、辰野町22億4955万円、松川町21億5252万円、木島平村21億3804万円と続いている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野