業界記事

きょう、耐力度委託/皆野中学校校舎改築へ

2005-07-27

 皆野町は、老朽化の進む皆野中学校校舎を対象とした耐力度調査をきょう(27日)、委託する。事前公表予定額は、322万円。調査結果を受け、改築の必要性が認められれば18年度以降、設計作業などに着手することになるが、スケジュールは確定していない状況。
 皆野中(2244-2)校舎の対応は、皆野小校舎と並ぶ町の懸案事項だった。先行した小学校は2か年継続で、今年度完了。引き続き中学校での整備に取り掛かる構え。
 調査対象となる皆野中の校舎は、RC造3階建て1棟、RC造2階建て2棟の3棟で構成し、延べ床面積4778㎡。昭和38年に建設、42年までに増築など整備した。現況の学級数は、3、4クラスで構成し、全11学級。生徒数が多かった頃は、24学級で編成していたため当時の半分程度の学級数になっている。
 改築にあたっては、学級数上は、規模縮小が考えられるが、これまでに無かった多目的スペースなどの機能も盛り込むこととなるため、改築規模は固まっていない。
 今回の調査で改築の必要性が確認されれば、次段階の設計は、最短で18年度と見込まれ、工事は19年度から2か年継続などと考えられるが、具体的には、調査結果を受けてからの検討となる。
 ちなみに、改築中の皆野小学校の事業スケジュールを参考にすれば、改築の方針が固まった段階から、委員会での検討、プロポーザルによる設計者選定、2か年での工事と進んだ。委員会では、建築の基本方針、予定地、構造、規模など基本的事項を対象に検討。概ね2年程度の期間を要した。設計者選定は、検討成果を基に、公募によるプロポーザルコンペティションを実施。誰でも参加できるとして、多くの提案があった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野