業界記事

中央コンが詳細/新都心地区男堀川左岸P2調整池の設計

2005-07-26

 本庄市は、新都心土地区画整理事業計画地内の、男堀川左岸に設置を予定するP2調整池の詳細設計を中央コンサルタンツ埼玉事務所(さいたま市、電話048-647-2546)に810万円で委託した。当初予算には、暫定整備費を確保しているが、工事発注できるかは、今後の区画整理事業認可の動向次第となるようだ。
 同調整池は、新幹線本庄早稲田駅前方向から東西通り線を介して流入する経路と、中央通り線、新都心環状線をルートとする2系統から集水、一時貯留して、男堀川へ排水するもの。整備にあたっては、自然環境に配慮し、常時水面を確保、ビオトープ化していく考え。
 設置位置は、区画整理地内の東端、県道本庄寄居線に近い部分。設計は、完成形を念頭に行う。業務では、必要となる容量および形状などの検討から進め、関係機関との協議を経て、年度内に仕上げる。
 工事発注に関しては、暫定整備として市発注見通しに、掘削2万3640立方m、切土整形2760㎡の内容で、第4四半期の指名競争入札と位置付けている。
 本庄新都心地区は、都市再生機構による約154haの土地区画整理事業が計画されたが、機構側が事業区域の縮小要請、調整が進められている。今後の対応や事業認可取得時期については、明らかになっていない。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野