業界記事

測量、地質調査に着手/公園設計は来月委託へ/常永団地建設

2005-07-23

 昭和町は、来年度から建設着手を予定する町営常永団地について、このほど用地測量・敷地設計業務を秀建コンサルタント(田富町臼井阿原)、用地地質調査業務を岩間井戸工業(甲府市国母)にそれぞれ委託した。今年度は、団地全体の基本設計と第1期建設分(1棟)の実施設計も進める予定で、同委託業務も来月には発注する見通し。
 上河東地内にある既存住宅は、昭和40年代に築造されたもので、簡易耐火構造の2階建て14棟(92戸)。建築年数の経過による建物の老朽化や現在の住宅需要などに対応するため新たな住宅に建替える。新たな団地は、現在の用地内(1・1ha)で、既存住宅を取り壊した場所に建設。基本計画に基づく団地の規模は4階建て・1部5~6階建てで、全体の延床面積7367㎡程度、戸数は92戸を予定。3つの建物を渡り廊下で繋いだ棟と、2つの建物で繋ぐ棟の全2棟を計画。全体の整備は3期に分けて実施する計画で、来年度には第1期工事として一部既存住宅の解体、団地1棟の建設工事に着手する。また、2期工事で残る1棟を改築、3期では外構等を仕上げ、22年度頃までの全体完成に向け段階的に整備を進める。同団地の建替に係る全体事業費は約17億円程度が見込まれる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野