業界記事

26日に地元説明会開催/概況調査結果など報告/県廃棄物最終処分場

2005-07-23

 県森林環境部は、26日(火)午後7時30分から明野廃棄物最終処分場に係る地元(明野町)説明会を開催する。対象は、明野町各区長、組長など各種団体等の代表や委員、地元選出市議会議員などだが、一般の傍聴も可能となっている。
 説明内容は、明野廃棄物最終処分場の取り組み状況についてで、(1)これまでの経緯(2)旧明野村内における建設候補地の選定について(3)現計画の施設・安全性についての3点。
 去る15日の峡北地区最終処分場整備検討委員会では、北杜市明野町の小笠原、浅尾地内の計3箇所で実施した概況調査の結果を報告するとともに、従前からの浅尾地区を合わせた4箇所を比較検討し、建設候補地を選定していくことが決定された。
 こうした状況を地元に理解してもらうため、同説明会が行われることになったもの。
 なお、これらの概算工事費については、明野2が約62億9000万円(小笠原桜平地内の韮崎市との行政境、9・1ha)、明野7が約62億3000万円~63億3000万円(浅尾字浅尾原地内、8ha)、明野8が約76億5000万円~77億6000万円(浅尾字浅尾原地内、8・3ha)で、従前計画の浅尾地区が約56億5300万円と試算。浅尾地区の処分場は、13・1haの対象地の中で3・3haを埋め立て、40万8000tの廃棄物を受け入れる計画だった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野