業界記事

プロポで基本設計/高砂小学校校舎増築等

2005-07-22

 基本設計はプロポーザルで――。設計業務の発注に向けて、様々な角度から検討を行ってきた草加市は、高砂小学校校舎増築等事業について同方式の採用を予定し、近く審査会を立ち上げる考えを明らかにした。基本設計の中では、数パターンの整備案について比較検討の上、方針を決定するとともに、施設構成や規模などを具体化させる。
 同事業は、既存校舎の老朽化とともに、周辺のマンション建設に伴い児童数が増加傾向を示していることから計画が浮上。16年度には、学校、PTA、地元、学識経験者など12人で構成する検討委員会を発足させた。
 検討委員会では、他施設との複合化案、全面改築案、既存施設を一部活用しての改築案などあらゆる方面から検討を行ったほか、校舎のみならず、体育館、プールといった付帯施設についても同様の作業を進めてきた。
 順調に進めば18年度で実施設計をまとめ、19年度から2か年で建設工事に着手していく。
 既存校舎(中央1-2-5)は、RC造3階一部4階建て、総延べ床面積約6500㎡、3棟。建設年次は昭和44~57年。
 今年度当初予算には、基本設計業務委託費2374万7000円を盛り込んだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野