業界記事

6地区で事業始動/菅沼地区は処理施設再整備/市町村の農集排新規事業

2005-07-22

 市町村が事業主体となって実施する農業集落排水事業で、今年度の新規採択箇所をまとめた。箇所数は、片品村の菅沼地区、大間々町の福岡西・神梅地区、嬬恋村の半出来地区、富士見村の白川東地区、榛東村の広馬場地区、吾妻郡東村のあづま西部地区--の6地区。このうち、菅沼地区(片品村)は、すでに同事業を取り入れているが今回は機能強化対策として処理施設を再整備、今年度に工事を実施する。また、菅沼地区を除いた5地区の事業期間はいずれも22年度を予定しており、今年度事業計画は初年度として管路工の実施設計等を作成し、18年度からの工事に備える。
 農業集落排水事業は、農業用用排水路の水質改善や農村生活環境の整備改善を行い、農業生産の増大、生活環境向上等が目的。
 今年度採択を受けた各地区の事業計画は次の通り。
【福岡西・神梅地区】=大間々町
該当集落は、塩原、穴原、上神梅、塩沢。計画人口は2370人(679戸)で、処理施設の計画日最大汚水量は782立方m。処理水は塩沢川へ放流する。概略管路延長は2万4665mで、ポンプ必要箇所は、20か所。総事業費は29億1000万円余り。内訳は、処理施設が約3億3100万円、管路施設が約17億3300万円、ポンプ施設が約2億500万円、資源循環施設が約1億500万円。今年度事業費は約4400万円で管路工の実施設計等を行う。
【半出来地区】=嬬恋村
対象集落の半出来、草沢地区は、集落排水路に生活雑排水が混入し汚濁が進み、下流水域に悪影響が出ているため生活環境の改善を図る。計画人口は420人(65戸)で、計画日最大汚水量は139立方m。管路工の概算延長は2040mで、ポンプ必要箇所は3か所。概算総事業費は、4億円を試算し処理施設が約1億7000万円、管路工が約1億2000万円等。今年度事業費は5000万円となり、管路工及び処理施設の実施設計を予定している。
【白川東地区】=富士見村
対象集落は、高松・所替戸地区の計画人口2340人(570戸)。処理場の計画日最大汚水量は772立方m。概算管路延長は1万9340mで、ポンプ必要箇所は10か所。総事業費は22億9000万円余りを見込み、内訳は処理施設が約3億4600万円、管路工が約13億6600万円、資源循環施設が約1億円。今年度は約7000万円の予算で管路工の実施設計等を行う。
【広馬場地区】=榛東村
対象集落は、宮室、下の前、中の前、井戸尻上、井戸尻下、宿。計画人口は4540人(1283戸)におよび、計画日最大汚水量は1498立方m。概算管路延長は3万500mで、ポンプ施設は15か所。総事業費は37億2000万円の見込みで、処理施設に約4億4000万円、管路施設に約23億4000万円、資源循環施設に約2億1000万円。今年度予算は約1億200万円となり、管路工の実施設計を予定している。
【あづま西部地区】=吾妻郡東村
対象集落は、五町田、新巻、奥田の3集落で、計画人口980人(213戸)。処理施設の計画日最大汚水量323立方m。管路の全体延長は概略で1万2660m、ポンプ施設7か所。総事業費は、14億5000万円余りを見込み、主な事業費として処理施設2億2800万円、管路施設8億4800万円、資源循環施設1億円など。今年度予算額は6000万円で、管路工の実施設計等を作成する。
【菅沼地区】=片品村
機能強化事業として、水槽増設、前処理設備改修、管路施設補修及び新設工事等を行う。処理方式は協会5型。概算事業費は5900万円。事業は、今年度単年で実施予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野