業界記事

高効率エネシステム導入/関越病院老健施設など

2005-07-22

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、17年度の住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの)について交付決定した。各業種の事業者から34件の応募中、交付決定したのは31件。うち、県内対象は、坂戸市内の関越病院介護老人保健施設、加須市内の社会福祉法人加須福祉会三俣保育園、栗橋町内の(株)結城ショッピングセンター栗橋店の3件となった。
 同事業は、民生部門における省エネルギー推進策として、建築物に高効率エネルギーシステムを導入し、性能、費用対効果等の情報を取得しそれを公表することで、住宅・建築物に対する省エネルギー意識の高揚と、建築物における省エネルギーを抜本的に進めるもの。
 建築物に高効率エネルギーシステム(空調、給湯、照明および断熱部材などで構成)を導入し、導入後3年間継続して省エネルギーの報告ができる建築主などに対し、その費用の一部(1/3)を補助するもの。
 医療法人社団新都市医療研究会(関越)会が申請したのは、関越病院介護老人保健施設省エネルギー工事。介護老人保健施設の新築にあたり、GHP、全熱交換器を導入する。ほか補助対象外で、床暖房、高輝度誘導灯。
 社会福祉法人加須福祉会が申請した三俣保育園OMソーラー設備導入事業も、新築に係る整備。導入システムは、太陽熱利用暖房・給湯、夜間放射冷却クーリングとしている。
 (株)ファーストエスコと(株)結城ショッピングセンターが申請した、栗橋店ESCO事業は、既存店舗に対するもの。システムは、発電→受電化高効率トランス、高効率照明、調光制御、冷凍制御(インバータ・ガス圧制御・ヒーター制御)、HP給湯機、モニタリングシステム。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野