業界記事

18年度から2か年/幸手駅駅前広場等の整備

2005-07-20

 3・4・40幸手停車場線(駅前広場)街路事業を進める幸手市は、完了期間宣言路線として公表し、19年度の完成を目指す。今年度は、幸手駅駅前広場の実施設計業務を日本測地設計(さいたま市、電話048-648-9993)委託するとともに、引き続き用地買収を行い、18年度から2か年で工事に着手していく。
 東武日光線駅の駅前広場約1000㎡の規模。整備計画では、約3700㎡へと拡張し、企業バス1台を含むバス乗降場3台、タクシー乗降場2台、タクシープール16台に加え、車椅子対応1台を含む自家用自動車乗降場5台などを設ける。
 また広場周辺には、インターロッキング的な舗装、植栽などを計画している。
 用地買収は、15年度から3か年計画で進めており、年度内の完了を目指しているところ。事業認可は16年7月22日に取得済み。
 完了期間宣言は、一定期間内に事業を完了する路線として公表することで、国からの重点的な支援を受け、集中的に整備することにより、早期に事業を完了させ効果を発揮させるもの。
 一方、駅前広場へのアクセス道路となる幸手停車場線は、県が事業主体となるものの、事務委託方式を用いて用地買収などの業務を市が担当している。
 整備計画は、延長約290m、幅員18m、車道部9m、両側に歩道・自転車部4・5mを設置する。整備にあたっては、電柱・電線の地中化を行うとともに、街灯・ベンチなどのモニュメントを配置する。事業認可は16年10月11日に取得した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野