業界記事

今月中にも基本計画を/(仮)将門館建設・運営に向け/来年度には実施設計策定へ

2005-07-20

 坂東市は、将門館建設・運営に関する基本計画について、順調ならば今月から8月中にかけて委託する見通しだ。今年度は基本計画をまとめたうえで、平成18年度にも実施設計に着手する意向だ。館内は、常設・企画展示室や市民ギャラリーなどを設け、平将門にゆかりのある歴史的な品の展示を計画しているほか、毎年行う将門まつりで用いる山車の展示についても協議を進めていく方針だ。
 (仮)将門館については昨年度、旧岩井市のころより建設及び山車製作基本計画として都市研に委託し、建設に伴う初歩的な概要をまとめた。
 これによると、建設予定地を中心市街地や国王神社の周辺にするとの基本構想をまとめ、建物も2階建ての延べ床面積1100㎡程度の規模で計画している。
 新市では、業務と運営にかかる一歩進んだ計画内容の策定を進めていくため、建設基本計画を早ければ7月から8月中にかけて委託する見通しだ。納期は、今年度末までを予定している。
 今年度は、基本計画を策定し、順調ならば18年度に設計や用地買収などを進めていきたい意向だ。着工時期などは、基本計画の策定後に協議をしていくとしている。
 館内は、常設展示室や企画展示室、市民ギャラリーなどのブースなどを設け、平将門にゆかりのある歴史的な品などの展示を計画している。また、毎年11月に行う将門まつりで用いる山車の展示についても協議を進めていく方針だ。
 なお、坂東市の平成17年度当初予算には、(仮称)将門館建設・運営に関する基本計画作成委託として400万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野