業界記事

両施設設計に着手/(仮)多目的広場・総合福祉センター/峡北広域行政組合

2005-07-14

 峡北広域行政事務組合(韮崎市竜岡町下條南割1895)は、韮崎市竜岡地内の峡北広域環境衛生センターに隣接用地に計画する(仮称)多目的広場・総合福祉センターについて、これら施設の詳細設計に着手した。先月22日に入札を行ない多目的広場の設計業務を東洋開発コンサルタント(韮崎市一ツ谷2044-1・TEL0551-23-0231)、総合福祉センター建築設計を馬場設計(甲府市塩部4丁目15-8・TEL055-251-2300)がそれぞれ落札、委託契約を結んだ。これらの業務は年度内の納期を予定し、来年度からの施設整備着手をめざす。
 同施設が計画されるのは韮崎市竜岡町下條南割地内の峡北広域環境衛生センター西側の約1・9haの用地。韮崎市、北杜市、甲斐市(旧双葉町、敷島町)、小淵沢町の4市町村の事務組合で運営する同センターでは、焼却炉の耐久年数オーバーによる施設の老朽化に伴い、12~14年度の継続事業でごみ焼却施設の改築を実施。これに伴い、敷地内で生涯学習事業や社会見学等に利用されていた総合福祉センターを解体撤去しているため、これに代わる新たな施設を整備する計画。今年度は、用地取得や設計等の準備をすすめる計画としていたが、先月までに追加取得するセンター隣接用地について地権者との契約を済ませ、設計業務の委託契約も結んだ。
 現時点で想定される施設の内容として、総合福祉センターについては、旧施設と同規模(平家建て、延床面積約800㎡)で、一般廃棄物処理施設から出る余熱を利用した浴場や、大広間、小会議室などを備える予定。また、多目的グラウンドについては、野球や運動会などに利用できる約1haの広さの土のグラウンドを計画しており、年度内に施設の詳細にを詰める。多目的広場、総合福祉センターの建設工事については同時に進める予定で、予算等の見通しがつけば来年度から整備工事に取り掛かる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野