業界記事

8月1日にシンポジウム/森の国・水の国やまなし/流域交流でディスカッションなど

2005-07-14

 県森林環境部は8月1日、上野原市文化ホールで、「森の国・水の国やまなし流域シンポジウム」を開催する。定員は340人で参加費は無料、誰でも参加できる。参加希望者は、参加者名簿に必要事項を記入し、今月22日(金)までにFAX、郵送、メールのいずれかの方法で、県森林環境部森林環境総務課に申し込む。なお、申込みがない場合でも当日座席に余裕がある場合は参加できる。
 同シンポジウムは、暮らしに多くのめぐみをもたらす共有財産となる森と水を流域全体で支える「上下流の新しい関係」をつくるために、広く県民とともに「上流と下流の果たすべき役割」について考える場として開催する。当日は、太田猛彦氏(東京農業大学教授)を講師に招き「健全な水循環と森林整備のあり方」と題する基調講演や、パネルディスカッション、一般参加者との意見交換などを行うほか、上下流交流の紹介パネル、木製品も展示される。
 シンポジウムの概要は次のとおり。
◆日時=平成17年8月1日午後1時30分~午後4時
◆会場=上野原市文化ホール・多目的ホールおよび会議室1(上野原市上野原3832)
◆定員=340人
◆内容
◇基調講演「健全な水循環と森林整備のあり方」講師・太田猛彦氏(東京農業大学教授)
◇パネルディスカッション
 ・パネリスト=太田猛彦氏(東京農業大学教授)、石村黄仁氏(NPO法人緑のダム北相模事務局長)、長田助成氏(北都留森林組合専務理事)、河西悦子氏(桂川・相模川流域協議会代表幹事)
 ・コーディネーター=中村文明氏(多摩川源流研究所長)
◇一般参加者との意見交換
◇上下流交流の紹介パネル・木製品等の展示

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野