業界記事

今月中に一般公告へ/桜川中の改築建築工事

2005-07-16

 稲敷市は、桜川中学校改築事業に伴う建築工事を今月中にも一般競争入札で公告する方針だ。施設規模はRC造一部S造3階建て延べ4275㎡を想定。このほか電気工事や設備工事、またグランド拡張に伴う造成工事を、それぞれ指名競争入札で発注する見通し。
 桜川中学校の校舎棟は、建設されてから40年が経過しており、老朽化が著しい。そのため、学校関係者や住民の代表らで検討委員会を発足し、建設場所や建物規模などについて協議を進め、現在の敷地を拡張して、建設を行うこととなった。
 プロポーザルにより実施設計業務を担当した三上建築事務所(水戸市大町3-2-3協和ビル5階)によると、施設規模はRC造約2530㎡、S造約1740㎡の3階建て延べ4275㎡(天体望遠室のみ3階)で、既存校舎南側に建設する。
 工事は、今月にも一般競争入札で建築工事を公告する予定。残る電気設備工事、機械設備工事、グランド拡張整備は、指名競争での発注となる。うち、グランド拡張整備と電気設備工事は今月にも発注されるもようだ。工期は約16か月間を見込んでいる。
 なお、総工費は約10億円を試算しており、今年度に4割、来年度に6割を配分。今年度予算には、校舎改築工事費に4億2798万円、西門改修工事費に147万円、グランド整備事業費に9479万4000円をそれぞれ計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野