業界記事

吐出口立坑など一般競争で/五明川改修伏越第3期工事/第2四半期の発注予定

2005-07-15

 県土木部治水課は、緊急対策特定区間に位置付け整備を進めている五明川一般河川改修事業で、今年度は伏越第3期工事として、伏越吐出口立坑工事、上流ゲート製作工事の一般競争入札を計画しており、来月~9月にはこれらの工事を発注する見通しだ。
 同事業は南アルプス市内で築堤河川となる坪川と滝沢川に挟まれた低平地を流下する同河川において、河道拡幅による浸水被害の解消を図る目的で実施しているもの。全体では、伏越工、掘削工、床止工、河道拡幅に伴う橋梁工などを計画。6年度から整備に着手、15年度から国の緊急対策特定区間の指定を受け、伏越工を主に集中的に事業を進めている。
 伏越工については昨年度までに上流側の整備を完了。今年度は吐出口立坑(L12・65m、W22・5m、H14・97m)と、上流部ゲートの製作工事を実施する計画。また、今年度は河川改良にあわせた、国道140号五明川橋製作架設床版工事(単純非合成鈑桁橋L49・4m、工場製作、架設、床版工一式)の指名競争入札も予定。当初の発注計画ではいずれも第2四半期の発注予定となっている。
 なお、伏越工について下流部の施工を残しているが、同工事は来年度の工事実施が見込まれる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野