業界記事

展示施設を建設/荻野吟子生誕之地公園

2005-07-15

 妻沼町は、6月補正予算で、荻野吟子女史生誕之地史跡公園の整備に向け、設計監理委託130万円、整備工事3675万円、用地購入585万3000円、備品購入100万円を計上。現在、設計作業を進めている。工事発注に関しては、年度末までに完了させる考えから、夏場以降の発注が見込まれる。
 日本の女医第1号として知られる荻野吟子女史は、武蔵野国俵瀬村(現妻沼町俵瀬)の出身。生誕之地史跡公園は、胸像や碑があるほか、数点の資料を掲げた四阿、トイレなどが整備されている。
 町では、借地している土地の取得が可能となったことから、展示館に常設展示している同女史の関連資料を展示するための資料館を計画。
 現在、設計作業が進められているが、担当事務所については、非公開。
 資料館は、群馬県千代田町光恩寺に生家から移築した長屋門をイメージした建物を考えている。規模は、160㎡程度を想定している。
 なお、生誕之地は、昭和46年に町指定文化財となっているため、教育委員会が事業を所管。観光振興面からも、整備が期待される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野