業界記事

防災集団移転事業に同意/震災関連で初/長岡市浦瀬、川口町小高地区

2005-07-15

 北側一雄国土交通大臣は、今月12日付で長岡市浦瀬地区及び川口町小高地区における防災集団移転促進事業の事業計画に同意した。両地区は、中越大震災に伴う災害関連としては初の事業実施地区となり、今後、事業計画に基づき同事業が実施される見通しだ。
 各地区の事業概要は次の通り。
【長岡市浦瀬地区】
 移転戸数は14戸63名で、うち12戸58名が新設する住宅団地へ移転する。
 実施事業は、<1>住宅団地用地取得及び造成(住宅団地面積約6600㎡、うち公園に約400㎡)<2>公共施設整備は道路(約2240㎡)、水道、下水道―など。事業実施期間は平成17~18年度の2か年。事業費は2億3500万円(うち国庫補助1億7200万円)で、公共施設整備に6300万円を充てる。
【川口町小高地区】
 移転戸数は25戸103名で、うち19戸81名が岩出原団地に移転する(個人住宅15戸、公営住宅4戸)。
 実施事業は、<1>住宅団地用地取得及び造成(住宅団地面積約1万4560㎡。うち公園・排雪場等に約4170㎡、集会施設に約620㎡)<2>公共施設整備は道路(約3500㎡)、水道、下水道、ガス―など。事業実施期間は平成17~18年度の2か年。事業費は3億6000万円(うち国庫補助2億4100万円)で、公共施設整備に1億1000万円を充てる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野