業界記事

【18年の水害被害額】「平成30年7月豪雨」が統計開始以来最大に

2019-08-08

 国土交通省がまとめた2018年の水害被害額は全国で約1兆3500億円(暫定値)となった。内訳は一般資産等被害額が約7807億円、公共土木施設被害額が約5349億円、公益事業等被害額が約348億円。特に6月26日から7月9西にかけて発生した「平成30年7月豪雨」による被害額が約1兆1580億円で、単一の豪雨による被害としては統計開始以来最大の被害額だった。
 被害額1位は岡山県の約4028億円、2位の広島県は約3447億円、3位の愛媛県は約1257億円で、いずれも過去最大の被害額を記録している。
 災害の被害額別では、2位が9月27日から10月1日の台風第24号による被害で約580億円、3位が9月3日から9日に発生した台風第21号によるもので約410億円と続いた。
 水害被害の概要は被災建物棟数が6万1797棟、浸水区域面積は2万8579haとなる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野