業界記事

2路線工事を近く/自転車利用環境整備

2005-07-13

 平成12年度から自転車利用環境整備事業を促進している新町都市計画課は近く、町道第105号線及び201号線の自歩道工をそれぞれ発注する見通し。今年度当初予算に工事費2718万5000円を計上している。
 JR新町駅を中心に位置づけ、そこからの公共施設及びサイクリングロードへのアクセスやサイクリングロードから公共施設などへのアクセスにおいて、自転車による快適な移動を実現できるよう配慮した自転車利用環境ネットワークを目指すもので、同町の特質である「交通の便の良さ」や「住み易さ」を活かした周辺都市にないまちづくりを進め、住民の住み易さの基本となる「生活交通の安全性、快適性」を確保するとともに、自動車の運転経費節約や自転車で買い物が済む安全快適で清浄環境確保など、同町ならではのコミュニティー型の整備を推進する計画。平成12年度から国庫補助事業として進めており、同町が国土交通省による自転車環境整備のモデル都市として指定を受けたことにより、およそ25路線の主要路線を整備する。今年度は105号線(中河原)のL880m、201号線(戸崎外1)のL920mの自歩道工事に着手する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野