業界記事

友部町の「秋桜の会」を/新たな道路里親に認定

2005-07-12

 県は、道路里親制度推進事業に係る「道路里親」にこのほど、友部町の「秋桜の会(大貫茂治会長)」を新たに認定した。今月5日には、友部町役場で「道路里親」協定書調印式及び認定証交付式が開かれ、渡辺一夫県水戸土木事務所長、川上好孝友部町長をはじめ関係者多数が出席。この中で、渡辺所長は同会代表の大貫会長に認定証が手渡された。
 この道路里親制度は、県管理の道路を「里子」、沿道のボランティア団体などを「里親」に例えて、道路の清掃(ゴミ拾い)や除草・花壇の手入れなどを県に代わって行ってもらう制度。
 県では、平成12年度から14年度まで3年間の試行期間の実績を踏まえ、道路里親制度が周辺住民等に対し与える道路環境への意識改革の効果などが極めて大きいと判断し、平成15年度から本格実施した。
 認証を受けた「秋桜の会(大貫茂治会長)」は、県道大洗友部線及び石岡城里線の沿道住民で組織し、仁古田地区の2路線、延長約3・1kmについて、コスモスを中心とした花植えや草刈りを行うとともに、歩道のゴミ拾いなどを実施し、その活動が評価された。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野