業界記事

内部統制システムを/談合等防止委員会を設置

2005-07-12

 日本道路公団の談合等不正行為防止策検討委員会の第1回会合が7日、同公団本社会議室で開催された。この検討委員会は、同公団が発注した鋼橋上部工事に関する独占禁止法違反事件に関連して東京高等検察庁による同公団に対する立入検査が行われたことを厳粛に受け止め、談合などの不正行為を絶対に許さないためのあらゆる方策を検討することを目的に設置された。  
 冒頭、同委員会の委員長として挨拶に立った近藤剛総裁は「こんなかたちで委員会を開催することは誠に残念であるが、1ヵ月の委員会の検討期間中にしっかり議論し、いろいろな先進的な意見を採り入れて実りのある会合にしていきたい。当公団は10月1日に3分割した民間会社に生まれ変わるが、現在盛んに問題とされている内部統制システムのあり方についても、国内と海外の動きを見ながら、日本で最も規律のある会社のひとつになるよう全力を尽くしたい」と述べた

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野