業界記事

公営住宅の整備を計画/水害・震災復興へ/復興計画骨子まとまる

2005-07-09

 栃尾市は、昨年の集中豪雨災害及び中越大震災からの復興へ向けた指針となる「栃尾市復興計画」の骨子をまとめた。骨子では、大きな被害を受けた中山間部の復旧だけでなく、都市の活力を創出する復興を実現するため、<1>生活の再建・再生<2>活力の再生<3>生活基盤整備<4>防災まちづくり―4つを基本方針とした。主な施策では、安全な宅地づくりや高齢者等のための公営住宅確保、道路やライフライン、公共施設の復旧、教育施設の再建、防災拠点施設の機能強化などに取り組む見通しだ。
 復興計画は、新潟工科大学の深沢大輔教授を委員長とし、学識経験者や関係団体代表者、市民代表、被災者代表から成る検討委員会で具体的な内容を検討した。
 復興計画・骨子の概要は次の通り。
【生活の再建・再生~安心して住み続けられる生活の確保~】
▽住宅・宅地=<1>住宅の自力再建支援<2>安全な宅地づくり<3>高齢者等のための公営住宅の確保<4>安全・安心で住み続けられる住宅づくり支援<5>空家・空地の活用
▽健康・医療・福祉=<1>被災者の健康づくり支援<2>心のケア体制の整備<3>子育て支援<4>高齢者等の生活支援<5>仮設住宅入居者への支援
▽コミュニティの維持・再生=<1>地域コミュニティの維持・活性化への支援<2>地域コミュニティ施設の復旧・復興
【活力の再生~魅力とにぎわいのある栃尾のまちづくり~】
▽産業復興支援=<1>農業基盤の復旧<2>棚田の再生支援<3>新しい農業形態の導入<4>農村環境の整備
▽観光・交流の推進=<1>観光施設の早期復旧<2>観光資源の充実<3>観光PRの推進<4>交流の推進<5>新たな取組への支援
▽中心市街地の活性化=<1>市の顔としての環境整備<2>まちづくり組織の確立<3>営業に対する支援
【生活基盤整備~災害に強い生活基盤の整備~】
▽道路等=<1>主要道路の復旧<2>細街路の整備
▽ライフライン=電気・ガス・水道(簡易水道含む)の安定供給
▽公共施設=<1>公共施設の復旧<2>既存施設の活用<3>教育施設の再建
▽情報・通信=<1>ITを活用できる環境づくり<2>通信困難地域の解消
【防災まちづくり~市民と行政の協働による防災力の強化~】
▽防災機能の強化=<1>地域防災計画の見直し<2>防災拠点施設の機能強化<3>非常時の情報伝達手段の強化・確保<4>避難所・避難施設の確保
▽地域の防災力の強化=<1>防災訓練・防災教育の強化<2>自主防災組織の検討<3>ハザードマップの作成・活用

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野