業界記事

大観覧車/バリアフリー工事/10月にも着手

2005-07-08

 華蔵寺公園遊園地を代表する遊具の大観覧車ひまわりのバリアフリー化を計画している伊勢崎市は、設計業務を庁内で進めており、10月頃から工事着手する方針。今年度の当初予算に大観覧車及び急流すべりなどの改修を含む修繕費2800万円を計上している。
 同事業は、華蔵寺公園をより多くの人に楽しんでもらい、車椅子の利用などにも支障を来すことがないようにバリアフリー化を行うもの。これまでにも北口の入り口の段差を解消するなどバリアフリー化を進めている。
 工事概要は、大観覧車に乗車する際に使われる段差を取り外し、車椅子でも乗車が可能なように延長10mのスロープを設置する考え。さらに内部のゴンドラ36基のうち、4基を椅子が折り畳める用にして、車椅子用のゴンドラを備える予定。また、この他にも急流すべりスペースストリームのボート塗装や水路の改修なども計画している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野