業界記事

L200mを10月頃/イモジ貝戸線改良

2005-07-08

 15年度からの継続事業として村道イモジ貝戸線の改良工事を進めている高山村建設課は、早ければ10月にも入札を行う。
 当初予算には、道路新設改良事業(他路線を含む)として、工事費3284万円を計上した。
 同線は、中山地内を走る村道関口間下坂線と村道新田梅沢線とを結ぶ全長約600mの路線。工事は、拡幅をメーンとしたもので、W約2・5mをW約4mに拡げる。16年度までに延長約260mが整備済みとなっており、今工事では、L約200mを対象に施工を行う。同事業は、地元住民からの要望で、村単独事業として計画が浮上、現道が狭く、車両と車両のすれ違いに支障をきたしている。そのため、同線を拡げて通行車両の安全性を確保する。同課では、20年度の完成を見込んでいる。
 なお、設計は北毛測量(渋川市金井751-2電話0279-23-6247)が作成した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野