業界記事

到達側立坑に貫通/石岡トンネル第2工区

2005-07-09

 国土交通省霞ケ浦導水工事事務所は、霞ケ浦導水事業石岡トンネル第2工区工事(茨城町。発進立坑は茨城立坑~到達立坑は上飯沼立坑、L5000m、内径3500mm)で今月2日に到達側の立坑に水中到達したと発表した。これで最先端のシールド掘進技術を駆使した泥水シールドトンネルが完成した。
 第2工区トンネルは昨年2月10日から掘進を開始し、中間立坑なしの全長5000mを月進320mの長距離高速施工で掘進した。施工は鹿島建設・前田建設工業JV。
 霞ケ浦導水事業の4つのポンプ施設のうち、3施設はすでに完成しており、全長45・5kmの導水路のうち、今回の第2工区の到達により全延長の約35%が完成することになる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野