業界記事

利根上から委託/放流渠の詳細設計

2005-07-06

 流域下水道の佐波処理区建設事業を所管する県央流域下水道事務所は、終末処理場で処理した処理水を利根川へ放水するための放流渠の詳細設計に着手する。業務は堤防を管理している国土交通省利根川上流河川事務所へ依頼する方針で、同事務所から委託される。
 放流渠は、処理場から堤防、企業局のゴルフ場を経て利根川へ通じる暗渠で、堤防部分はゲートを備えた樋管を整備。延長は、約240m。
 処理場からの処理水のほか、境町の雨水も排水する計画で、処理水と雨水が河川に流入する前に合流しないよう2連式のボックスカルバートを想定している。
 昨年度は概略設計等を作成し放流渠自体は一体型のため町分を含めて県が一括して委託。各担当コンサルは、概略設計が高崎測量(高崎市日高町580電話027-361-2271)、地質調査が群馬地質開発(前橋市南町1-22-18電話027-221-5316)、測量が三山測量設計(前橋市駒形町833-40電話027-266-9601)。
 工事については、今後国と協議をして最終決定するが、現段階では河川敷に県企業局が運営しているゴルフ場があることから国が堤防部分を施工し、それ以外は県で実施する方向。
 工事は、18年度からの着手を目指している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野