業界記事

(仮称)防災公園整備で実施設計費/木原地内3・3haにグラウンドなど/6月補正

2005-07-02

 豊富村は、6月定例村議会で一般会計に9105万7000円を追加、当初からの同会計総額を29億3348万4000円とした。
 建設関連の補正予算では、(仮称)防災公園実施設計委託費(619万5000円)、情報通信基盤整備負担金(5859万9000円)を計上した。
 (仮称)防災公園は、関原、木原地内の農地(約3・3ha)に整備するもので、このうち、約3haを交流基盤整備事業と位置づけ、多目的に使えるグラウンドや農村公園として整備し、残りの0・3haを備蓄倉庫、避難地として計画。秋口頃までに防災公園、農村公園(グラウンド整備)など実施設計業務をそれぞれ委託し、18年度以降の着工を予定している。
 なお、今年度の当初予算では用地購入費(2億9596万円)を計上した。
 情報通信基盤整備負担金については、来年3月に玉穂町、田富町、豊富村の3町村で合併し「中央市」になるため、合併準備段階として、玉穂町と田富町で接続しているイントラネットに、豊富村の庁舎を接続するための光ファイバーの敷設工事や、電算システムネットワーク等の統合整備を計画するもの。同工事の入札については、3町村の負担金を受けて玉穂町が実施。合併協議会で新市の機構体制等の内容が固まり次第、詳細設計を委託し、7~8月頃には整備工事等を発注する。
 建設関連予算の概要は次のとおり。(単位千円)
〈一般会計〉
【総務費】
◆企画
◇工事(まゆの灯街路灯)11、319
◇負担補助及び交付(情報通信基盤整備負担)58、599
【農林水産業費】
◆経営構造改善
◇工事(鳥獣害防止柵修理)1、050
【土木費】
◆河川改修
◇委託(水路改良)1、500
◆住宅管理
◇工事(村営久保団地浄化槽及び受水槽改修)1、600
【消防費】
◆災害対策
◇委託(仮称・防災公園実施設計)6、195
【教育費】
◆学校整備
◇委託=1、237
◇工事(小学校校庭内水路改修)4、956

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野