業界記事

Bフレッツ誘致へ/促進協議会を発足

2005-07-05

 秩父市は、NTT東日本が提供する「Bフレッツ」を誘致するため、秩父市高速大容量通信網整備促進協議会(会長・栗原稔市長)を発足させた。栗原市長が掲げる高速大容量通信網の整備に向けて、活動を進める。NTTに対して、市内での、多くの需要があることを明らかにし、申し入れを行うため、利用意向アンケートを実施している。
 栗原市長は、市内のIT基盤の整備に遅れが目立っている点を指摘しており、「産業活性化と含めて若者の居住定着に向け、高速大容量通信網整備を急がなければなりません」と話している。
 市内のIT環境整備については、一部地域でADSLが使用できるものの、ブロードバンド通信環境の整備が十分とは言えない状況。多くの市民・企業から整備要望の声がある。
 今回の協議会は、官民一体となって誘致運動を繰り広げるために、発足、Bフレッツ誘致運動を展開する。その第1段として、「利用意向アンケート」を実施し、「Bフレッツ」に対する市民の要望をとりまとめる。
 なお、Bフレッツは、NTT東日本が提供する、光ファイバーを用いたインターネット接続サービス。通信速度最大100Mbps。超高速かつ安定した通信環境が実現する。
 問い合わせは、秩父市高速大容量通信網整備促進協議会事務局(市役所企画広報課内)へ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野