業界記事

春野団地建設/今年度から5か年4期計画

2005-07-05

 さいたま市建設局は、総戸数178戸、総事業費35億9700万円を投じ、今年度から5か年4期計画で整備する春野団地建設事業のうち、A棟住宅、駐車場などを対象とする第1期工事がこのほど公告された。工期は18年度までの2か年で整備し、18年度以降で2~4期工事を順次発注する。21年度以降では、敷地内の一部を活用して、社会福祉関連施設の建設が構想されている。現段階で具体的な動きは見られないが、団地整備進捗に合わせて、設置方針を検討していくももよう。
 春野団地建設地は、見沼区春野2-1227-18地内の敷地1万845・2㎡。施設全体の建築面積は2万878・4㎡、総延べ床面積は1万1323・9㎡。市の新設住宅は今回が最後とされている。
 整備スケジュールはこのほど、第一期建設工事を一般競争入札で公告。建築A級1000点以上を代表構成員、その他の構成員は同A級で、いずれも市内に本店を有する地元業者による2者JV編成。工期は18年度までの2か年継続事業。
 工事内容は住宅・集会所、ゴミ置場・ポンプ室、
外構・駐輪場、駐車場・植栽など。
 18年度からは、第2期工事に着手。工事内容は、10階建て60戸のB棟と、立体駐車場。駐車場には壁面96㎡に緑化を施す。工期は19年度まで。
 第3期工事は、19~20年度に予定され、8階建て48戸を建設。また、最終の第4期は、7階建て28戸と、滑り台、ジャングルジム、鉄棒、ベンチ、野外卓、パーゴラを備えた児童公園を整備する。工期は20~21年度の2か年。住宅棟はすべてRC造。
 全体設計はコプラン設計事務所(さいたま市、電話048-641-6537)がまとめた。
 春野団地完成後は、既存住宅ストックの活用とともに、西区の峰岸住宅建て替え計画が動き出しそうだ。
 同住宅は、西区峰岸68地内に昭和38年にRC造4階建て、24戸2棟を建設。その後、39~41年に同24戸を1棟ずつ建設。
 平成5年には、RC造5階建て1棟30戸を建設。付帯施設は集会所。
 また、馬宮住宅に対しても建て替え候補に上がっており、整備時には福祉施設の併設も検討されている。
 馬宮住宅は、西区大字飯田新田400地内に昭和42年、RC造4階建て24戸2棟を皮切りに、43年に40戸、44年に16戸、32戸、45年には5階建て40戸2棟を建設。
 春野団地は将来計画されている建て替え対象団地の入居者用して位置付けられている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野