業界記事

入札4件を11日執行/小中学校の耐震診断調査

2005-07-05

 取手市は、井野小、小文間小、取手一中、永山中の小中4校を対象に耐震診断を実施すべく、調査業務の入札4件を11日に執行する。履行期間は全て18年2月28日まで。このうち井野小は、体育館も含んで計10棟を対象に診断を行う方針だ。
 この耐震診断は、古い年代に建てられた小中学校の計画的な整備に向けて、先行して実施しているもの。昨年は白山小や寺原小の耐震診断を行った。
 今年度に調査を行う小中4校のうち井野小(井野団地1-1)は、昭和44年、日本住宅公団による県下初の井野団地建設にともない設立した施設で、通常の学校と違って、棟がいくつにも分かれているのが特徴。
 そのため、No1からNo13棟にかけての9棟と体育館に及んでの計10棟を対象に、耐震診断を行うこととなる。
 業務は主に、耐震補強計画の作成をはじめ、診断および認定作業等に必要な図面等の作成。法定機関の認定作業を委託する予定。
 なお、各入札の予定価格に関しては、井野小で2959万9000円、小文間小で1295万円、取手一中で2303万7000円、永山中で947万5000円を、それぞれ計上。いずれも税抜き価格となる。
 4小中学校における調査棟の概要は次のとおり。
【井野小】
◇No1-1棟(1037㎡)
◇No1-2棟(135㎡)
◇No2棟(804㎡)
◇No3棟(284㎡)
◇No4棟(1133㎡)
◇No5棟(179㎡)
◇No9棟(811㎡)
◇No10-1棟(82㎡)
◇No10-2棟(858㎡)
◇体育館(921㎡)
◇No12棟(948㎡)
◇No13棟(825㎡)
【小文間小】
◇No2棟(1037㎡)
◇No7棟(130㎡)
◇No8-1棟(399㎡)
◇No8-2棟(315㎡)
◇No8-3棟(406㎡)
◇体育館(504㎡)
【取手一中】
◇No8棟(1431㎡)
◇No9-1棟(733㎡)
◇No9-2棟(977㎡)
◇体育館(1291㎡)
◇No15-1棟(498㎡)
◇No15-2棟(12㎡)
◇No16-1棟(400㎡)
◇No16-2棟(889㎡)
◇No17棟(99㎡)
【永山中】
◇No16棟(1530㎡)
◇No17-1棟(体育館、816㎡)
◇No17-2棟(体育館、126㎡)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野