業界記事

近く事業候補者選定/市北西部へ特養ホーム

2005-07-01

 市内5か所目となる特別養護老人ホームの整備を計画する草加市は、同ホーム整備事業協議会を通じ、近く事業候補者を選定する。法人の選定後は、県の補助申請作業へと移り、最短の事業スケジュールでは、18年度から2か年で建設工事に着手、20年4月の開所となりそうだ。
 施設整備に係る法人を募集には、県内や県外で特別養護老人ホームを経営している既存法人3法人、医療法人を母体とする新規法人2法人の5法人が応募した。
 募集段階における建設地は、地域バランスなどを考慮し市の北西部、国道4号の西側、国道299号の北側。施設計画については、100床程度のほか、居宅支援、地域交流スペースの設置などが盛り込まれている。
 このため、候補者の選定にあたっては、施設のハード面よりも多様なサービス、地域への開放などソフト面に比重が置かれそう。
 特別養護老人ホームは、第2次高齢者プランに19年度までの新たな施設(100人程度)の整備を盛り込んでいるほか、12年度9月定例議会で新田西部地域への高齢者施設の建設を求める請願が全会一致で採択されるなど、早期の開設が望まれている施設。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野