業界記事

今月にも設計委託/生活支援ハウス

2005-07-02

 生活支援ハウスの建設を計画している桐生市は、6月補正予算に調査費及び設計費として454万円を計上。早ければ今月中旬にも調査及び設計を委託し、年度内に設計をまとめ、18年度の建設を目指す。
 高齢者生活支援ハウスは、独立しての生活に不安のある高齢者に対して、介護・住居・地域住民との交流の場を総合的に提供する施設。建設予定地は、社会福祉法人泰和会が運営する旧黒保根村の下田沢地内にある特別養護老人ホームしみずの里の隣接地を予定している。これまでに庁内関係者で構成する建設検討委員会を設立し、ワーキンググループで建設に伴う調査研究を進めている。
 内容は、10人程度が入所でき、高齢者が安心して健康で明るい生活が送れるように低料金で居住の場を提供するとともに、高齢者の福祉増進を図るとしている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野