業界記事

公園は不変の財産/県公園課長 小川倫正さん

2005-06-24

 「公園・緑、自然は時代を超越した不変の財産」と語る、県公園課長の小川倫正さん。
 「時代のニーズに沿って公園の使われ方、楽しみ方が違ってくる」。役割と特徴を指摘した上で、「高齢化社会における使われ方を今から検討しなくてはいけない」と新たな利用価値を模索する。
 今後の課題は、都市計画決定済みの1800haのうち、未開設となっている600haについて「暫定的でも有効活用しなければ」と、民間企業やNPOなどと連携し「お金をかけずにストックを活用し、大きな流れにできれば素晴らしい」と将来の公園のあり方を見据えている。
 日曜日には早朝6時にソフトボールの試合に出かけ、毎月2回のペースでゴルフも行うスポーツマン。
 カメラの腕前はプロ級。自席後ろには、生きているかのような美しい花の写真が飾られており癒しを演出。見沼田んぼの冬の朝は「幻想的な世界」を写した一枚はお気に入り。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野