業界記事

一般競争入札拡充へ/財政健全化計画を展開

2005-06-17

 三郷市は、20年度を計画期間とする財政健全化計画に基づき、財政運営を進めている。主な対策のうち入札制度の見直しは、2億9800万円を削減目標におき、電子入札制度への移行を検討するほか、段階的な制限付一般競争入札の比率を拡充していく。
 財政の将来予測の普通建設費は、三郷中央地区およびインター周辺地区整備関連が18年度20億円強、19および20年度は11億円を。これらを除いた事業費は、18~20年度にそれぞれ18億円を見込んでいる。
 また投資的事業の見直しでは、都市計画税対象事業を除く、道路事業や河川事業、小中学校校舎耐震事業の見直しをすでに実施。各年度毎に2億2475万円の削減目標額を設定した。
 同計画の基本方針は<1>行政運営の効率化<2>行政サービス方針の見直し<3>市民負担などの見直し-。これを踏まえて、財政収支の均衡、債務残高の圧縮、災害対策などのために財政調整基金残高の増加を図る。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野