業界記事

発注は年末メド/A-2ビルの新築工事

2005-06-13

 鴻巣駅東口A地区市街地再開発組合(鴻巣市本町2-2-2)は、同地区第1種市街地再開発事業施設建築物(A-2街区)新築工事の入札を秋口に予定していたが、JR高崎線に近接するゴルフ練習場の鉄柱撤去作業の遅れにより、年末近くの工事発注へと、施工スケジュールの見直しが必要となっている。
 A-2街区の再開発ビルは、敷地面積が4270㎡で、建物規模がS造5階建て、建築面積4270㎡、延べ床面積1万6880㎡の計画。施設内容は、1階が約65台分の駐車場、2階にフィットネス、3階にアミューズメント、4階と5階部分が8スクリーン、1500席のシネマコンプレックスが入居予定。
 ゴルフ練習場を含むA街区内の建物撤去工は、1月下旬に入札し、市内のタナベ建設・梶山工業・河野組JVが1億3150万円で落札。3月までに完了する予定としていた。しかし、移転などの遅れにに加え、4月下旬に発生したJR西日本の脱線事故の影響で、JR東日本が鉄柱の撤去工事に慎重になり、5月下旬まで着工できずにいた。これまでには、線路から離れた部分の鉄柱は撤去できた。残る線路寄りの鉄柱については、夜間工事により実施する方向で、協議を進めている。
 全体で24本あった鉄柱は、高さ約30mで、約半分が鉄道寄りに立っている。コンクリートの土台下は、φ350mm、長さ約20mの鋼管杭が4本ずつ埋まっている。
 A-2街区の再開発ビルより、着工を6か月先行させるA-1街区の再開発ビルは、3月中旬に入札。大成建設が68億7000万円で落札したが、鉄柱撤去工事がネックとなり着工。18年9月15日の予定工期内での完成が難しくなっている。
 A-1街区再開発ビルの実施設計は、タカハ都市科学研究所(港区、電話03-3479-5561)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野