業界記事

17年度工事契約高2年連続で福田組トップ

2018-12-15

 県土木部が発注した工事の2017年度年間契約高トップは2年連続で福田組だった。2位は前年8位の興和、3位は同13位の近藤組(佐渡市)と続く。16年度は上位3社が契約額20億円を超えたが、福田組の契約額は18億7588万2000円となっている。
 毎年恒例の県土木部がまとめた17年度同部発注工事の業者別年間契約高上位50社と大規模工事上位50件が公表された。2年連続でトップとなった福田組は17年度大規模工事上位50件のうち、最も大きい「福島潟水門本体工事」と3番目の「県立青少年教育施設(仮称)宿泊棟他建築工事」をはじめ、上位50件中4件を受注した(JV契約額は出資比率で按分)。
 17年度は契約額20億円を超えた企業は無く、7位の水倉組(10億1512万2000円)までが契約額10億円を超える。10億円超の企業は5社から7社に増加している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野