業界記事

龍ケ崎市が12月補正案に学校空調整備費2・8億円

2018-12-15

 龍ケ崎市は開会中の市議会定例会に補正予算案を上程している。建設関係の主なものでは、小学校特別教室の空調整備で工事に1億3405万7000円と設計に1011万1000円、中学校特別教室の空調整備工事に1億4115万6000円、龍ヶ岡公園駐車場への西側進入路整備工事に2000万円、たつのこアリーナのトイレ改修工事に1500万円を盛り込んだほか、つくばの里工業団地拡張事業で埋蔵文化財発掘調査に2カ年継続費691万3000円、中断していた新学校給食センター建設事業で基本計画修正委託に437万1000円を計上している。
 一般会計には6億224万1000円を追加し、当初からの総額を254億4571万6000円とする。議会最終日は20日。
 まず教育費では、小学校全11校の特別教室への空調設置のため、工事に1億3405万7000円と設計に1011万1000円。新設が34教室で、更新が9教室。予算案が承認されれば、設計を来年1月にも発注。工事は来年度に行う計画。
 中学校でも全6校で特別教室の空調整備に取り掛かる。新設が30教室で、更新が9教室。工事費は1億4115万6000円で、1月以降に発注する。設計は㈲秋山建築設計事務所(龍ケ崎市)が年内の履行期限で策定中。
 また総合運動公園リニューアル事業として、たつのこアリーナ(中里3-2-1)のトイレ改修に1500万円。概要は洋式化8カ所。1月にも発注となる見込み。
 さらに、用地の問題で中断していた新学校給食センターの建設事業が再び動き出す。
 馴馬町地内で新たな候補地を選定しており、その用地交渉に向けての境界確定に210万6000円、不動産鑑定に94万円、登記事務に15万2000円を充てるほか、2017年度に㈱長大つくば支店(つくば市)が策定した基本計画の修正委託に437万1000円を措置。
 土木費では、龍ヶ岡公園(中里3-1-2)の駐車場西側進入路整備に2000万円を充当。延長約150m、幅員約5・5mで計画している。1~2月にも発注予定。
 商工費では市街地活性化対策として、(仮称)まちなか再生プランの策定委託に2カ年継続費で1153万9000円(18年度=346万2000円、19年度=807万7000円)を設定。
 関東鉄道竜ヶ崎駅から商店街通りの賑わい創出に向けての計画策定で、年明けにも公募型プロポーザルの手続きを開始するもよう。
 特別会計では、つくばの里工業団地(貝原塚町)の拡張事業で、埋蔵文化財発掘調査委託に2カ年継続費691万3000円(18年度=207万4000円、19年度=483万9000円)。
 ことしの夏に試掘したところ、住居跡が4件出土したために取り掛かるもので、来年1月にも発注する見通し。3月までに現地調査を行い、来年度に記録文書を作成するようだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野