業界記事

10月まで環境調査/北秋津の土地区画整理

2005-06-06

 所沢市は、北秋津・上安松地区まちづくりについて、今年度は自然環境調査をまとめる。16年度に引き続き、ポリテックエイディディ(港区、電話03-3459-1621)に業務を委託。10月末までの納期で作業を進めている。
 事業手法に関しては、土地区画整理の導入を予定しているが、地元・関係団体らとの協議を重ねながら、慎重に事業を進める。
 自然環境影響調査は、1年間を通し、秋頃までを必要となるため、16から17年度の2か年にまたがり、実施している。
 地区エリアは、北秋津・上安松の一部で、主に畑地・山林が占める約50・6haの面積。対象地区は、現在市街化調整区域(旧暫定市街化調整区域)の指定を受け、西武線所沢駅にも近い、高い利便性が期待されている。昭和45年に市街化区域に編入、同59年には暫定市街化調整区域に指定され、土地利用の方向性が問われてきた。
 事業化に至るまでには、該当地区の樹林にオオタカの営巣が確認されていることから、保護指針に基づき、自然環境を調査。保護方策の検討が必須になっている。
 主な公共施設としては、鉄道を横断する形で、約2kmにわたり東西に貫く、復員18mの幹線道路を整備する。所沢駅東口線から都市計画道路北原安松線までの間。
 アセス案作成も、ポリテックエイディディが担当。環境・経済性を考慮した複数のまちづくり案を作成した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野