業界記事

県土整備部が土木工事成績評定4月から改定

2018-12-06

 県土整備部は5日、土木工事成績要領の一部改正について明らかにした。2019年4月から適用する。主な改正内容として、中間検査時の成績評定を導入する。対象は当初請負金額1億円以上、かつ工期6カ月以上の工事。大型工事における一層の品質確保が狙い。
 また監督員と検査員の配点割合を変更する。現行では担当監督員・総括監督員・検査員の割合が3割・2割・5割となっている。4月からは4割・2割・4割に変える。
 さらに考査項目の「工事特性」について、評定者を担当監督員から総括監督員に変更する。
 このほか工事書類の簡素化に向けて考査項目の「創意工夫」などで、書類の見栄えは評価の対象にならないことを明確化する。
 今回の改正は国土交通省の評定要領に準じた内容となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野