業界記事

新治橋改修等に2・3億/当初予算案

2005-06-11

 かすみがうら市(鈴木三男市長)は10日、合併して初の予算となる平成17年度予算案を明らかにした。一般会計は、旧町の前年度予算合計額を3800万円上回る144億9600万円で試算し、このうち普通建設事業費は、旧町の前年度予算額より4億1229万円多い22億5737万5000を計上する見通し。新規で、千代田庁舎増改築事業の実施設計料に820万円を試算したほか、第三児童館の建設費に7059万9000円、新治橋の改修と取付道の整備費に2億3400万円を盛り込む方針。
  千代田庁舎増改築事業は、合併に伴い千代田庁舎に職員が異動したため狭隘な事務室を増築して新しくする。地形上の理由から地下1階RC造、地上2階建てS造の延べ510㎡を想定、18年度の単年度着工を目指す。
 霞ケ浦庁舎建設事業では審議会の設置費として75万4000円を計上。
 第三児童館は、西野寺地内にS造平家建て延べ300・48㎡の規模で建設を計画。
 道路関連では、合併特例債を受けて3本の幹線道路整備事業を計画。うち、新治橋の改修と取付道路の整備は、橋梁も含めて延長800m、幅員9・5mで工事に着手。
 粟田橋の改修と取付道の整備に関しては、県が粟田橋を改修することから、市では取付道の整備に2億3210万円を試算する。また市道深谷大和田線の整備に向けて、用地取得と測量費等に2億1800万円を計上。
 駅整備に関しては、神立駅周辺整備の推進費に315万5000円を盛り込む予定。
 このほか、西野寺地区のかんがい排水や柏崎、菱木地区の農道整備費に2313万7000円を盛り込むほか、林道三ツ石線・雪入線の改良舗装、青木葉線の落石防止に4830万円を試算。
 下水道関連では、下稲吉・中佐谷地内の管渠整備費に3億6559万6000円。特定環境保全の公共下水道では、外葉・霞台・牛渡上郷地区の管渠整備費に3億8758万6000円。
 教育費関連には、新規の海洋センター体育館改修費に1355万円、志筑小学校の移転整備に向けた耐力度調査等に518万9000円を計上する予定。
 建設関連の主な事業費は次のとおり。(◆は新規、◇は継続)
◆市総合計画策定事業=543万円
◆第三児童館整備事業(西野寺地内への児童館建設)=7059万9000円
◇土地改良事業(西野寺地区かんがい排水、柏崎、菱木地区農道整備)=2313万7000円
◇民有林林道整備事業(林道三ツ石線・雪入線改良舗装、青木葉線落石防止)=4830万円
◇幹線道路整備事業(市道チ55号、道路改良整備および粟田橋の改修)=2億3210万円
◆幹線道路整備事業(市道チ6号、道路改良整備および新治橋の改修)=2億3400万円
◆幹線道路整備事業(市道カ2644号、市道深谷大和田線の整備、[用地取得、測量等])=2億1800万円
◇神立駅周辺整備事業(神立駅周辺整備の推進)=315万5000円
◇志筑小学校移転整備事業(耐力度調査等)=518万9000円
◆B&G海洋センター体育館改修事業(海洋センター体育館の改修整備)=1355万円
◆千代田庁舎増改築事業(実施設計)=820万円
◇霞ケ浦庁舎建設事業(審議会の設置)=75万4000円
◇公共下水道整備事業(下稲吉・中佐谷地内の管渠整備)=3億6559万6000円
◇特定環境保全公共下水道整備事業(外葉・霞台・牛渡上郷地区の管渠整備)=3億8758万6000円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野