業界記事

罹災者住宅建設に17億円/長倉に40戸、七日町は6戸

2005-06-10

 中越大震災で住宅を失い、仮設住宅等へ避難している被災者の受け皿となる罹災(りさい)者公営住宅の整備を計画している長岡市は、今年度に事業費17億2453万2000円を投入し、市内3箇所で建設工事を進める方針だ。
 各施設の概要は次の通り。※<1>施工場所<2>事業概要<3>間取り等
▽上除団地=<1>上除町甲3595-1ほか(上除団地内)<2>中層耐火RC造3階建て1棟42戸、駐車場整備工事<3>3LDK6戸、2LDK36戸。長岡市建築設計協組で実施設計済み
▽長倉団地=<1>長倉農住土地区画整理事業地内<2>中層耐火RC造3階建て1棟40戸、駐車場整備工事<3>2LDKを中心に実施設計予定
▽七日町団地=<1>小国町七日町(はなのか団地内)<2>W造2階建て3棟6戸、駐車場整備工事<3>2LDKを中心に実施設計予定
 なお、長倉及び七日町団地については6月議会で本予算成立後、早期に設計着手する見通しだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野