業界記事

6校の耐震診断/東小は第2期大規模改造/小中学校の委託業務/教委

2005-06-10

 前橋市教育施設課は、次年度以降の工事に備えた準備として、市内小中学校の校舎大規模改造設計や耐震診断業務の委託について、入札を9日に執行した(結果は入札面参照)。
 今回の対象校は7校。業務内容の内訳は、大規模改造工事に関わる実施設計が東小学校の1校で、残り6校は校舎又は体育館の耐震診断。
 東小学校の校舎大規模改造は、第2期として管理・普通教室棟(昭和47年築)で実施。規模は、RC造4階建て、延べ床面積1436㎡。同施設は、これまでに耐震補強を済ませており、今回は内・外装、屋上防水など全般にわたってリニューアルする。
 一方、耐震診断業務の対象施設の内訳は、校舎と体育館それぞれ3校ずつ。
 校舎は、大胡中学校の普通教室棟(昭和53年築、RC造3階、延べ床面積2136㎡)、宮城小学校2棟(昭和47年築、RC造3階建て、延べ床面積2111㎡・昭和40年築、RC造2階建て、延べ床面積1747㎡)、粕川小学校普通教室棟(昭和51年築、RC造3階、延べ床面積2208㎡)。
 また、体育館は、細井小学校(昭和51年築、S造平屋建て、延べ床面積738㎡)、永明小学校(昭和45年築、S造平屋建て、延べ床面積582㎡)、東中学校(昭和44年築、S造平屋建て、延べ床面積632㎡)。
 診断結果は、A~Dまでの4段階で判定し、Cランク及びDランクの施設は補強工事を実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野