業界記事

都幾川村が県内初/土砂災害警戒区域に

2005-06-08

 県土整備部は、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域の指定で、県内で初めて都幾川村西平地内を区域指定したと7日付けで告示した。
 区域指定個所は、宮平沢、宮平沢右1、萩沢1、萩沢2、宮ノ下沢の5地区。自然現象の種類は土石流。
 今後の予定は、県内に4219箇所ある土砂災害危害個所において計画的な基礎調査を実施し、市町村と調整を図りながら警戒区域の指定を行っていく。
 土砂災害防止法は土砂災害のある恐れがある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進のソフト対策を推進しようとするもの。警戒区域は災害情報の伝達や非難が早く行えるよう整備する。
 一方、特別警戒区域は、住民の危害がある恐れの区域において特定開発行為の制限、建築物の構造規制などを行う。
 問い合わせは、河川砂防課飯塚・山科氏(電話048-830-5141)まで。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野