業界記事

塚越浄水場を改造/3か年継続費5億円余

2005-06-07

 秩父市は、17年度本予算案に、第2次拡張事業として塚越浄水場築造工事に3か年継続費5億1100万円を組んでいる。旧吉田町が計画した事業で、49年に完成した同浄水場の大規模な改造を実施するもの。県水道協会(さいたま市、電話048-822-6787)が、設計作業を担当した。高度浄水処理を行う。
 旧吉田町内の浄水施設は、塚越と石間の2浄水場があり、現況では、日量2192立方mを給水。2拡では、日量2800立方mまで増強させる計画。増加分はすべて、塚越で対応する。
 塚越浄水場の給水能力は、日量1760立方m。目標までは、608立方m分を拡大し、2368立方mの能力とする。
 改造では、ろ過池などを別途新設し、水量増加に応じた場内管路などの整備を行う。
 継続費年割額は、17年度2億1300万円、18年度2億1800万円、19年度は8000万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野