業界記事

最終調査を8日委託/中央通り線沿道の整備

2005-06-07

 都市計画道路3・4・9中央通り線の整備へ向けて、15年度から3か年計画で調査を進めている春日部市は8日、6者を指名しまちづくり調査業務を入札執行する。地元へは、数パターンにおよぶ整備案を提示。これらをタタキ台として、地元と調整を図りながら年度内に整備方針を決定させる。18年度からは、財政面などを踏まえた検討作業へと移り、早期の着手を目指す。
 調査対象エリアは、粕壁2、3丁目地内の約3ha。県道春日部停車場線から都市計画道路袋陣屋線まで。区間延長は280m。
 今年度の調査内容は<1>権利者意向調査<2>事業計画作成に係る前提条件の整理<3>事業計画調査<4>事業計画の作成<5>まちづくり活動の支援-など。
 これまでの流れは、15年度が地区の現況、権利者数、土地利用などの調査を実施。続く16年度で、現状における問題点の把握などを行った。
 地元組織の「中央通り線沿道地域まちづくり協議会」は地域の代表など20名をメンバーとし、15年度に発足。緊急車輌の通行が困難、一方通行が多いなどの問題点を挙げ、整備手法としては、道路のみの整備や沿道周辺を含めた整備などを提示している。
 中央通り線の都市計画決定は、平成元年7月。道路幅員は20m。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野