業界記事

公園本体を10月頃着工/やすらぎの里整備事業

2005-06-07

 結城郡千代川村は、(仮称)やすらぎの里公園整備事業について、6月中にも公園の実施設計を委託し、工事についても10月ごろを目途に発注したい意向だ。また、公園内に建設を進めていくふるさと交流館や農産物直売所、加工施設についても設計の策定を今後、急いでいく方針だ。公園整備については、国道294号沿いの立地条件を活かした、人と物をよびこむ活性化策として期待を寄せており、民間住宅の誘致などにも力をいれている。
 整備箇所は、大園木地内。(仮)やすらぎの里は、国道294号線とつくば古河線の交差する大園木地内の敷地面積約3・3haに建設を行っている。
 村東部の拠点として公園やイベント広場の整備を進め、たくさんの人を呼び込もうと力をいれている。
 整備地周辺の大園木・鯨地内などの蚕飼地区では現在、民間賃貸住宅がないことから、建て主の募集を行っている。一定の条件が揃えば家賃の助成制度も可能だ。
 公園整備の基本計画や基本設計については先ごろ、都市計画センターが策定した。今後、整備を進めるにあたっての実施設計業務を6月中にも委託する見通しだ。
 その後、公園本体整備を、10月ごろを目途に発注する見通しとなっている。具体的な日程や入札方法など詰めの協議をこれから行っていく。工期については、150日間をみている。
 また、今後5年間で国補事業により地区内の道路を整備することなども明らかとなっている。
 公園内にはこのほか、ふるさと交流館として地域の人たちが交流する場を提供する施設も計画している。
 交流館の内容については、子育て支援施設や学童保育室などの設置、また同地内で産出される瓦やレンガの展示といった複合施設の建設などが計画されている。施設の規模は、木造平屋建ての延べ400㎡の規模で検討している。
 農産物の加工と直売を行う施設についても建設を進めていく。ここでは、地元で採れた新鮮な農産物の販売を行う。建物は、W造平家建ての述べ300㎡の規模で計画している。
 これらの施設については、7月中を目途に設計を委託する見通しとなっている。納期はともに100日間を予定している。
 町では、人と物をよびこむ活性化策としてこの公園整備事業に期待を寄せており、公園の名称についても広く募集を行っている。
 詳しくは、〒304-8555、千代川村役場鬼怒川230、企画課まで。電話0296-44-0171(直通)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野