業界記事

今年度も環境調査継続/山中湖しゅんせつ事業

2005-06-03

 山中湖村は、山中湖土砂浚渫事業について今年度も環境影響調査等を継続していく。県内では前例の無い工事で、湖周辺には貴重な植物が生息しているなどから、慎重に事業を進めていくことにしている。
 同事業は、同村周辺に位置する自衛隊演習場からの荒廃した土砂が、排水路を経て堆積していることから、浚渫を行うもの。排水路については、調節池を含め工事が進んでいる。同工事の設計業務は、中央開発(東京都)が担当した。
 同村では、山中湖(湖面積6・67平方k、水深約15m、周囲13・5k)の湖底に堆積した土砂を浚渫するにあたって、湖周辺における環境・水質調査のほか、土砂堆積のメカニズムや浚渫方法の調査などを進めてきた。
 その結果、浚渫工事の実施について県内で前例がないことや、湖周辺に貴重な植物が多く生息していることなどから、今後も設計業務のための調査を継続して進め、実施設計に向けた調整を図る考え。具体化にあたっては、学識経験者の意見なども取り入れていく考えだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野