業界記事

新火葬場計画で6日に検討委発足

2005-06-03

 南部町は、既存施設に代わる新たな火葬場を整備する計画で、今月6日に町議、住民代表、町の職員でつくる建設検討委員会を発足、第1回委員会を開催する。今後、同委員会で、土地の広さや景観などを基準に建設地の選定を進めるが、建設場所が早期に決まれば年内にも設計に着手するほか、今年度補正予算で建設費を計上、18年度までの完成を目指し建設を進める予定だ。
 昭和43年頃に同町井出地内に建設された既存の火葬場は、これまで火葬炉を覆う耐火レンガを修復しながら使用してきたが、火葬炉の耐用年度が限界に近づき、施設へのアクセスが悪く駐車場が狭いことなどから、新たな施設を別の場所に建設することになった。
 新たな火葬場の予定地や規模などの詳細は現時点では未定だが、施設は基本的に炉2基を備えRC造平家または2階建ての施設が考えられており、総事業費には4~5億円程度を想定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野