業界記事

地区別の構想示す/都市計画マスプラを策定

2005-06-04

 安中市(中島博範市長)はこのほど、同市全域及び各地域の将来像やその実現に向けた都市・地域づくりの基本的方針を示す同市都市計画マスタープランを策定した。計画実施年次は17年から平成36年となっており、区域を安中・原市・磯部・東横野・岩野谷・板鼻・秋間・後閑に分類し、それぞれの現状や課題等を踏まえ地域別の将来像及び整備構想を掲げた。同市では実現に向けた体制の構築を図るため、今後はパンフレット等を配布、まちづくりの方向性を広く住民に周知していく方針。また、同プランが長期にわたることから、各計画や事業におけるプログラムとの整合性を図りながら、短期、中期、長期といった段階で進捗を確認していく考え。
 地区別の主な構想は次の通り。
【安中地域】
◇住宅地=中低層は18号へのアクセスを活かし戸建てや中層の集合住宅等の立地を図る。複合地については小規模店舗等の立地を図り、利便性の高い住宅地を形成。また、新規複合地は新駅設置を前提として新規複合地を整備。区画整理事業等の面的整備を手法として導入する。
◇沿道サービス地=18号沿いに沿道型商業施設を立地し、商店街とは消費者ニーズが異なる商業地を形成
◇業務地=南北中央幹線整備に併せて業務機能の集積を図る
◇道路・交通施設=南北中央幹線の早期整備を推進。国道18号のバイパス化を検討。中心環状道路を形成する中宿水口線等や外環状道路を形成する扇城下秋間線等の整備推進
◇公園緑地=九十九川下流地区に農村公園の整備
◇その他=安中市文化センターの整備及び機能充実。市営遠丸団地はバリアフリー化等による施設整備
◇都市防災=消防署庁舎の移転改築等、防災設備の整備及び充実
【原市地域】
◇沿道サービス地=18号において大型商業施設やそれを補完する店舗等の立地
◇道路・交通施設=国道18号のバイパス化を検討。水口古屋線や磯部地域と連携する磯部温泉郷原線、磯部原市線の整備を推進
◇公園緑地=郷原緑地公園はスポーツや憩いある空間として施設整備。簗瀬二子塚古墳は地域のオープンスペースとして整備
◇その他=国道18号沿道に道路休憩施設の整備を国と共に検討
【磯部地域】
◇観光商業地=石畳や街灯、ストリートファニチャー等の整備により、温泉街として趣のある空間を演出
◇道路・交通=国道18号と接続する磯部温泉郷原線、磯部原市線及び水口古屋線のほか、18号に平行する水口磯部線の整備を推進。磯部駅北側駅前広場から磯部公園などの観光施設へのルートに石畳等の舗装を整備
◇都市防災=コミュニティー消防センターの環境整備を図る
【東横野地域】
◇工業地=横野平土地改良事業区域による非農用地は、市外の優良企業や市内に点在する企業の移転先として企業誘致も含め、工業団地として環境整備を図る
◇道路交通施設=南北中央幹線の早期整備を推進。外環状道路を形成する県道松井田・中野谷・安中線等は必要に応じた改良等を要望
◇公園緑地=横野平地区に農村公園の整備
【岩野谷地域】
◇沿道サービス地=18号沿道では既存店舗を中心とした中規模の沿道型商業施設の立地誘導
◇道路・交通施設=バス等の公共交通機関については路線の維持に努めるとともに、バリアフリー化の導入等を促進
◇公園緑地=野殿地区に緩衝緑地を整備。また、遊休桑園の活用策として農村公園も整備推進
◇自然環境保全=みどりの保全とともに、ため池の水環境保全を図る。また、開発予定地における自然環境の保全
【板鼻地域】
◇住宅地=幹線道路や生活道路、身近な公園等を整備することで中低層住宅の新規立地誘導。複合地については、旧中山道の風情を維持しつつ居住環境に調和する小規模店舗等を立地
◇道路・交通施設=国道18号と接続する主要地方道前橋安中富岡線や高崎安中渋川線は、必要に応じた改良等を要望
◇公園緑地=天神山自然の森へ案内板や展望台の設置等を図る。碓東緑地公園のグラウンド整備、河川への親水性を活かした施設整備・充実
【秋間地域】
◇新規商業業務地=市の情報発信機能や交流機能を備えた多目的施設や来訪者及び居住者それぞれの利用する商業施設の立地を図る
◇自然地=計画的な造林及び林道整備により、森林環境を保全
◇道路・交通施設=南北中央幹線の早期整備や秋間幹線等の整備を推進。観光施設へのアクセス道路や改修、休憩施設及び誘導サインの設置等を図る
◇公園緑地=観梅公園内のオープンスペース整備を推進。秋間梅林内へ遊歩道の整備や休憩スポット等の整備
◇景観形成=南北中央幹線沿道は商業施設等の立地を抑制、自然環境を保全
◇都市防災=コミュニティー消防センターの環境整備を図る
【後閑地域】
◇道路・交通施設=外環状道路を形成する県道一本木平小井戸安中線の必要に応じた改良等を要望。観光施設へのアクセス道路の整備と共に誘導サインを設置
◇公園緑地=秋間梅林を結ぶ散策路へ休憩施設等を整備
◇都市防災=治山事業計画に基づいて治山及び治水事業を計画的に推進

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野